背中にきびを予防する

背中にきびを予防する

まず、背中を清潔にすることです。
汗を吸収してくれる清潔な下着をつけるのもよいですね。
汗をかきやすい季節には、返ってきたらシャワーでさっと汗や汚れを落とすのがよいでしょう。
ただ、あまりひんぱんに背中を洗いすぎると乾燥してしまう場合があるので、清潔にした後に保湿をするのがよいでしょう。
また、入浴時の工夫で、背中にきびを予防することができます。
シャンプーやコンディショナーを使ったあと、湯船につかってから、体を洗うのです。
背中についたシャンプー剤等をきれいに洗いおとすことで、毛穴のつまりを防ぎ、背中にきびの予防になります。
忘れがちなのは毛髪による刺激です。
長い髪の先端が背中を刺激して、汚れがつきやすくにきびの原因となります。
長い髪は背中の皮膚に触れないように、まとめるとよいでしょう。