ちょっとした工夫

ちょっとした工夫

湯船にゆっくり入って毛穴を開き、その後石けん等でよく洗う、というのは基本です。
それに加えてちょっとした工夫です。
重層を湯船にいれると重層温泉みたいになります。
小さい浴槽で手のひらひとつかみ、大きな浴槽で二つかみ分くらいの重層を入れるだけでとても簡単です。
なぜ重層がよいかというと、皮膚の汚れを落としてさっぱりさせてくれるからです。
温泉でも重層と同じ成分の湯は、美人の湯などと言われているものが多いようですが、さっぱりきれいなお肌にしてくれるのでしょう。
これにつかった後で背中をきれいに洗えば、角栓もよくとれるのではないでしょうか。

重層は食用でないものならばかなり安く手に入りますし、お掃除などにも使えるので一袋買っておくと便利です。